勃起能力が改善するバイアグラ

過去に狭心症を発症していない患者さんに対しましては問題なく処方されるのですが、処方後に狭心症が発症しないとは限りません。

 

バイアグラというのは、勃起をアフターケアする薬ではありますが、その仕組は血管を拡張させる作用が認められています。

 

また、飲み薬や舌下錠剤に限定しず、注射薬や貼り薬、吸入剤なども危険性があり、剤形に係りなく並存してはいけません。

 

ですから、これら色々な薬を事前に使用していたり、さらに過去に狭心症を引き起こして使用する確率が考慮しられる患者さんに対しましては、バイアグラの処方はされません。

 

相乗影響により、血管があまりにも拡張し過ぎてしまい、急激な血圧低下を引き起こし、その結果死に繋がってしまうような危ういな状態になる懸念があるのが要因です。

 

この事から、心臓病治療に使用されるニトログリセリンなどといった血管拡張作用が認められている硝酸剤と共に並存してはダメだと決められています。

 

仮に処方した後に狭心症で治療を受けてしまうようなことがあれば、バイアグラを服用している旨を正しく医者に言う事が大切です。

 

どんな薬であっても、使用する確率が腹積もりられる薬は全て医者に報告しましょう。

 

なお、狭心症で無かったとしても、肩こりの治療においても硝酸剤が処方される時があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ