勃起能力が改善するバイアグラ

東邦大学医学部付属大森病院におけるリプロダクションセンター男性性働き外来において、20歳?82歳の患者さんを対象にして実際にバイアグラを処方していました。

 

この事から、年齢や勃起働きに結びつきなく、多くのED患者たちがバイアグラを服用していることがわかります。

 

バイアグラの提供が開始して以来、日本におきましても、数多くのED患者さんがこのバイアグラという薬によって勃起不全の心配を落着してきています。

 

その結果、30代が30.0%と最も多々ある事がわかり、その続いて40代の21.3%、最後に50代の15.9%と続いていきます。

 

ところでこのセンターでは、バイアグラを服用する治療を要望している患者さんの中で、9.2%の人が服用を認められなかったようです。

 

年齢の高い患者さんが多くいれば、それだけ器質性EDの比率が増加するのではと心積もりられています。

 

そして、我が子を要望している患者さんに反対にも33.4%いました。

 

ところが、他にの医療組織におきましては、患者さんの年齢層が他にも高い可能性があります。

 

勃起パフォーマンス別にみてみますと、心因性といった働き性EDで悩み患者さんが72.8%で、器質性EDで苦慮している患者さんが27.2%です。

 

こうして並べてみますと、全体的にフレッシュな年齢の患者さんが多々あることがわかり、パフォーマンス性EDのレートが高い性質にある事がわかります。


ホーム RSS購読 サイトマップ